スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見捨てられ

認めたくないけど確実に私の中には「見捨てられ不安」がある。
多分筆頭は主治医。
もう何年も診てもらってないのに離れられないのはそのせいだと思う。
「途中で病院変わったら気を悪くしたりしないか?」とか考えてる。
主治医にもクリニックにも不満がたくさんあって「変ればいいのに」
とか思うけどできない。
嫌われたくない。構って欲しい。
良くないことをしてみたりいい子になってみたりして主治医の動向を
観察してみたけど、どうやっても私を構う気はないみたい。
それが当たり前だといえばそうなんだけど・・・
自分はそれが気にくわない。

じゅぶにも同じことが言えてなんとなく頑張って料理したりするのも
良い子を演じてるフシがあって本当は心の中のことなんて何一つ
変わってないのに「良くなったね」って感じで安心してるじゅぶ見て
「あんた私の言ってることそのまま受け取ってるの?ホントに
良くなったと思ってるの?それで安心するの?」って思う。

なんかね、頑張って普通っぽくしてるのが苦痛になってきたって
いうか・・・
「どこ見てんのよー」って気分なんだよね。

私の説明の仕方が悪いのかなんなのか私の周りにいる人達って
私がどれだけ辛いのか訴えてもその数%も理解してないように思う。
昔継母に「ご飯美味しそうに食え」とか言われた時自分がどんな顔して
食べてたかわからなかったのと同じでちっとも辛そうじゃない顔で
訴えてるんだろうか?だから伝わらないのかな?
だとしたら一生どれだけ訴えても伝わらないってことだよね?
もっとボロボロになったらわかってくれるのかな?
死んじゃったらわかってくれるのかな?
でも今の状態じゃどうやったって無理だろうな。
すでにみんなが私のことを見捨ててる。
それを認識したくないから自分から距離を置いてる。
関わりたくないのは自分がどれだけ嫌われてるか知りたくないから。
けどわかってるから苦しくなったり寂しくなったりする。
かと言って見捨てられないために自分殺しまくって相手に迎合するのは
イヤだ。
っつーかなんで私ばかりが歩み寄らんといかんの?
向こうはしたい放題か?
私が望みすぎてるの?
スポンサーサイト

近い将来

周りに対する怒りが湧いてそれにまかせて恨んでみたら
なんだか余計状況が悪くなった気がする・・・
(特に相手の人には何もしていないが)
良くないことのオンパレードっていうかなんていうか・・・
私のは『負け犬の遠吠え』ってやつなんだろうかね。
自分に危害を加えた人間のことすら悪く思ってはいけないって
言われてる感じがしてそのことに腹が立つけど従わないともっと
ひどい目に遭わせるぞって言われてる感じもして力を失った。

所詮自分はこの程度の人間なんだってまた諦めることにしました。
簡単に言えば自分の中に再び押し込めるって事ですね。
それが良い結果を生まないことは承知の上。
それでもそうしないといけないんでしょう。
ま、私が壊れたとして誰が困るわけでも悲しむわけでもないから
いいし・・・
自分が壊れた時周りのことなんて何も感じなくなってるだろうから
いっそ今すぐにでも壊れてほしいくらい。
今の状況は正直とても辛くて耐えられないけど耐えられないからって
どうにかしようと思うほど気力も残ってないよ。
生き地獄みたい・・・私の中では人生最大の生き地獄まっただ中。

ハハハ、笑うしかないね。

死ぬまできっとこんななんだ。
そうじゃない日がきたとしても多分信じられなくて疑って生きてくと
思う。
もう期待するのはイヤだ。

なんかさぁ・・・

今更ながらに親に腹が立つ。
親じゃなくても腹が立つ。

親から受けた虐待で私がどれだけ心に傷を負ったのか気にもしないで
のほほんと平穏に暮らしてる親が許せない。
今までは何も思ってないフリをしてた。
自分でも親のことは憎んでないフリ、恨んでないフリをしてた。
最近になってそれがただ単に自分の心に押し込めてただけだって
気が付いた。
正直親には私が感じたのと同じくらいの傷を心に負って欲しい。
自分たちがどれだけ人の心を痛めつけてきたのかを自らをもってして
感じてほしい。

でも・・・それは成就しない思いだよね。
だから余計に腹が立つよ。

自分でもわかる。
そんないつまでたっても幼稚な親のために自分が心を煩わせる
必要はないんだって・・・
そんな『小者』のために自分の心や時間を割くことがどれだけ
勿体ないことかって・・・
絶対に奴らより幸せになってやる。
そして奴らの存在自体を私の中から抹消してやる。
奴らがボロボロになっても私は関知しない。
ま、奴らだって自分たちがボロボロになっても私のところへ
助けを求めてくるとは思えないけどね。

それから・・・
私は母方はもちろん父方の親戚とももう関わりを持たない。
たとえどんなことがあろうと・・・
集まることがあっても(今の親戚の状態なら会うのは葬式くらい
だろうけど)私は出向かない。
祖母が亡くなり祖父が施設に入り上の弟が遠く離れて暮らしてる今
私が親戚連中と顔を合わせる必要がない。
私には元々その3人しかいなかった。
みんな私の側を離れて私の中には弟に対する心の交流もすでにない。
祖父も私を覚えてない(認知症なので・・・)。
そう、

『誰もいなくなった』

のだ。

こんなこと言ってる私という人間がひどいから
誰も側に来ないのかもしれない。
悪いのは相手じゃなくて私なのかもしれない・・・
親だって私という存在がいたから虐待したのかもしれない・・・
そう思えばそこで終わりだけど、もうそんなことは考えない。
私の存在が何であれ虐待した親が悪い。

「血の繋がらない子供を育てた母はすごい」と言う人がいるかも
しれないけれどそれは母が自分の気持ちを抑えて虐待せずに
育てられて初めて言ってもらえることなんじゃないかと思う。
「自分の気持ちなんてそんな抑えられないよ」って言う人もいるかも
しれないけれど
じゃあそんな親の言動を一身に受けて自分をずっと抑えてきた
子供はどうなる?親が、大人ができなかったことを子供に押しつけて
それでも親の権力を振りかざして生きてきた奴が褒め称えられる
道理はないはず。


あぁぁぁぁぁ。
こんなことグチグチ言ってるようじゃまだまだ
『小者』
扱いはできないなー。
早く抜け出したい。

早いこと遅いこと

今日コミック読んでたら

「動くことに早いことも遅いこともない」

って言ってたけど
正直言って「遅いこと」ってあると思う。

自分の気持ちに正直になって私は中途半端だったけど動いたことが
ある。
でもそれは何一つ現実を動かすこともできずにその行動は
無かったことになってる。
もう「遅すぎた」のだ。
動くのに最適な時期ってのは確実にあって
それを過ぎてしまえば結果も違ってくる。

私は時期を過ぎてから動いたことにとても後悔をしている。
何も動かないんだったらやるんじゃなかった・・・
やったことで逆に逃げることも言い訳することもできなくなった。
ただ後味の悪い気持ちだけが残ってる・・・

「もう一度戻れないかな?」

って一瞬思ったけど「戻れない」のもわかってるので
考えるだけ無駄だ。
そうやって何もかも諦めてしまえばいい。
感情が無くなろうと表情が無くなろうと諦めてしまえば楽になる。
所詮何にも期待なぞできない。
何かに期待さえしなければ絶望することさえも無くなる。
そうやって私の世界は色を失くしていく・・・
それは私が私に科した現実の一つ。
誰に会っても動かない、誰の言葉にも絶望しない、誰の行動にも
ガッカリしない。
心も体も動かされない・・・動かさない・・・
辛くても今の私にはそれしかできない。
何よりも絶望する苦しさを感じないために・・・

リアルな関係はこんなんでいい。
誰も私なぞ見ていない。
覚えてなんぞいない。
思い出しもしない。

私に居場所なんて無いのだ。これまでも、これからも・・・





表情

つい先日じゅぶと私の表情について話をした。

「よりって普段からあまり表情無いよね。しかも怒るほど無表情に
なる」って言われた。
それとか
「嬉しいとかの表現が乏しい。今ならわかるけど昔はプレゼントとか
渡しても嬉しいかどうかわからなかったよ」
昔からちゃんと自分なりには嬉しいと表現してたつもりだった。
「ありがとう」ってちゃんと言ってたし自分がどんな顔してるか
わからないもん。
ま、自分がされたら困ったのかもしれないと思うと言い逃れも
できないのかもしれないけどさ。

昔から母親にも言われてた。
夕飯とか食べてると
「ご飯美味しくないの(怒)?だったら食べなくてもいいよ(怒)」
って言われて
「えっ?美味しいよ」
って言うと
「だったらもっと美味しそうな顔して食べなさいよ(怒)」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

だって、自分が美味しくなさそうな顔して食べてるなんてわからない
のにどうやって美味しそうな顔をしたらいいの?

いつもわからなかった。

私の表情が乏しくなったのは多分親が再婚してから・・・
(祖父母に預けられてるときは言われたことなかったから)
その頃は小さなお茶碗1杯のご飯でさえ食べきるのに1時間とか
かかっててそれでも残させてもらえなくて泣きながら食べたから
食に対してあまり興味も持てなくてご飯作るのも食べるのも
好きじゃなかった。もちろん空腹にはなるし(それでも人より
感じなかったかも・・・)食事も摂ってたけど
どっちかっていうと「時間だから食べた」みたいな感じだった。

中学3年の時例年以上にクラスに馴染めなくて最悪だったとき
ある女の子がふと言った一言に私が思わず「クスッ」と笑ったとき
「あ、笑った」って言われて初めて自分が表情も感情も無くしてたか
気が付いた。

今思えばいろんなストレスが私を封じ込めてたんじゃないかと思う。
今でもまだマシとは言え表情は多分乏しい。
プレゼントもらってもどう喜んだらいいのかイマイチわからない。
自分は一生懸命表現してるつもり。
それでも相手には伝わってないっぽい。

きっと自分の全てがぎこちないんだろうな。
表情、行動、言動・・・全てが。


プロフィール

えんちゃん

Author:えんちゃん
只今ソーシャルの乙女ゲーにハマり中!
メインで『プリクロ』やってまーす。夏斐さん推しです。
FF14もテキトーにプレイ。鯖&キャラ名はシークレット。
音楽はアジカン(Gotch含)、サカナクション、the HIATUS、KANA-BOON、LINKIN PARK好き♪
ゆるっときまぐれに更新予定。

みくろっく

みくろっく

  ★★ Twitter! ★★

最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。